ゆるりん処

soara.exblog.jp
ブログトップ

メキシコ旅行記 その2

さて2日目です。
もそりと起きるとすでに時計は11時半でした。
(ちなみに日本との時差はー15時間。ざっくりいえば、メキシコが朝なら日本は夜な感じです)
前日飛行機でもほとんど眠れず、憩えるはずの部屋では虫や爬虫類たちの襲来に心を痛め、
心身共に疲れきっていたのに何度も目が覚めてあまり熟睡出来ず、目覚めは正直最悪です。
私は元来とてもナイーブな性質なんです。

みなさん、今とっても大切な事を言ったのでもう一度繰り返しますね。
私は元来とてもナイーブな性質なんです。
いつも心に留めておきたいフレーズナンバーワンです。

ちなみに私の部屋から見える景色はこんな感じでした。

b0008465_13221379.jpg



ちょ!素敵すぎー!
ところで何海?この海?
b0008465_13233354.jpg




眼下には憧れのプライベートプールが!!

目の前に広がる非日常的光景に感動しながら、シャワーを浴びた後、ランチになりました。
食事は部屋ではなく、外のテーブルで食べます。イエス、フリーダム!

b0008465_1335405.jpg


奥のテーブルは朝食と夕食のときに、
手前のガラスのテーブルはランチのときに使います。
何故ランチだけ手前のテーブルを使うのかというと、
奥のテーブルだと昼時は日差しが厳しいからです。
b0008465_13463730.jpg



こんな風景を見ながら食事をします。
どこまでも非日常的!!

ランチはシェフが作ってくれます。もう、どこまで非日常的なんですか~!!??
(シェフとはいえ、南国なのでTシャツ短パンでラフなんですが)
私の目の前に洗練されたスープが置かれます。
お行儀よくスープをいただきます。

b0008465_1423313.jpg



シェフ万歳!!
我を忘れてうっかり地が出ないように、上品にしかし夢中で口に運びます。
何せ、時は1時半。朝食を食べ損ねていたので、お腹が空いてない訳がありません。
スープでこのクオリティです。メインを想像するだけで、恋もしていないのに胸が高まります。
しかし、スープ皿は下げられたのにメインが来る気配は一向にありません。
そして、ランチタイムは終了してしまいました。そんな、ご無体な!!/(_ _|||)\
説明しましょう。ラルさんは若く見えるとはいえ、御年70歳。
大変健康に留意しているので、量より質なのです。
量より質。この言葉が三十路を過ぎてから、こんなにつらく感じたことがあったでしょうか。
外国で太る危険性はあっても、まさか腹を空かせる危険性があるとは思いもよりませんでした。
でも私が覚えていた英単語をフルに使って、ラルさんに伝えた言葉はこうでした。


「デリシャス!グッテイスト!ソー、ワンダホー!」


もちろん、親指は立てて笑顔満開です。
その後、ひろさんの希望でダウンタウンのスーパーに連れて行ってもらえることになりました。
ここで、何かお腹にたまるお菓子を買おうと密かに心に誓う私。
車でおよそ20分ほど走ったところにあるこのスーパー。
ごくごく普通の庶民的なスーパーだったのですが、
まさかこんな場所で私の常識というものが揺り動かされるとは思いもよりませんでした。


b0008465_14313425.jpg



て、この並べ方

斬新すぎるでしょ!!


b0008465_1434134.jpg



ゆとり教育すぎ~!!

エキサイティングな光景に興奮を隠せないまま、しかしとりあえず無事にドリトスタコス味を
ゲットしたところで、安心したのかふと尿意を覚えました。
若い女の店員さんに「レストルームはありますか?」と英語で聞いたところ、全然通じません。
まさかレストルームが通じないとは…。トイレット!トイレット!と言ってみましたがダメです。
スペイン語で「ペラペラペーラ」と返ってくるばかりです。
こうなったら、ボディランゲージしかありません。
照れつつも中腰になってトイレットペーパーを巻き取るしぐさをします。

全然通じません。

次第にボディランゲージにも熱が入ってきて、より低くしゃがみながら必死に紙を巻き取るしぐさを繰り返します。

全然通じません。

そのとき、ひろさんが気付きました。


「そあらちゃん、それ和式になってるよ!」


演技に集中するあまり、気付けば和式になっていたのです。
ていうか、洋式のボディランゲージは腰に負担がかかってきついです。
その後、なんとか通じて無事トイレに行くことが出来ました。

この話を帰国後友人たちに話したところ、ある一人が
「もれちゃう~」っていうジェスチャーのほう良かったんじゃないですか?
という正解を教えてくれました。
いつかまた英語が通じない国に行くことがあったら、ぜひ参考にしたいと思います。
[PR]
by soara2004 | 2009-12-03 14:58 | 旅行