ゆるりん処

soara.exblog.jp
ブログトップ

メキシコ旅行記 その2

さて2日目です。
もそりと起きるとすでに時計は11時半でした。
(ちなみに日本との時差はー15時間。ざっくりいえば、メキシコが朝なら日本は夜な感じです)
前日飛行機でもほとんど眠れず、憩えるはずの部屋では虫や爬虫類たちの襲来に心を痛め、
心身共に疲れきっていたのに何度も目が覚めてあまり熟睡出来ず、目覚めは正直最悪です。
私は元来とてもナイーブな性質なんです。

みなさん、今とっても大切な事を言ったのでもう一度繰り返しますね。
私は元来とてもナイーブな性質なんです。
いつも心に留めておきたいフレーズナンバーワンです。

ちなみに私の部屋から見える景色はこんな感じでした。

b0008465_13221379.jpg



ちょ!素敵すぎー!
ところで何海?この海?
b0008465_13233354.jpg




眼下には憧れのプライベートプールが!!

目の前に広がる非日常的光景に感動しながら、シャワーを浴びた後、ランチになりました。
食事は部屋ではなく、外のテーブルで食べます。イエス、フリーダム!

b0008465_1335405.jpg


奥のテーブルは朝食と夕食のときに、
手前のガラスのテーブルはランチのときに使います。
何故ランチだけ手前のテーブルを使うのかというと、
奥のテーブルだと昼時は日差しが厳しいからです。
b0008465_13463730.jpg



こんな風景を見ながら食事をします。
どこまでも非日常的!!

ランチはシェフが作ってくれます。もう、どこまで非日常的なんですか~!!??
(シェフとはいえ、南国なのでTシャツ短パンでラフなんですが)
私の目の前に洗練されたスープが置かれます。
お行儀よくスープをいただきます。

b0008465_1423313.jpg



シェフ万歳!!
我を忘れてうっかり地が出ないように、上品にしかし夢中で口に運びます。
何せ、時は1時半。朝食を食べ損ねていたので、お腹が空いてない訳がありません。
スープでこのクオリティです。メインを想像するだけで、恋もしていないのに胸が高まります。
しかし、スープ皿は下げられたのにメインが来る気配は一向にありません。
そして、ランチタイムは終了してしまいました。そんな、ご無体な!!/(_ _|||)\
説明しましょう。ラルさんは若く見えるとはいえ、御年70歳。
大変健康に留意しているので、量より質なのです。
量より質。この言葉が三十路を過ぎてから、こんなにつらく感じたことがあったでしょうか。
外国で太る危険性はあっても、まさか腹を空かせる危険性があるとは思いもよりませんでした。
でも私が覚えていた英単語をフルに使って、ラルさんに伝えた言葉はこうでした。


「デリシャス!グッテイスト!ソー、ワンダホー!」


もちろん、親指は立てて笑顔満開です。
その後、ひろさんの希望でダウンタウンのスーパーに連れて行ってもらえることになりました。
ここで、何かお腹にたまるお菓子を買おうと密かに心に誓う私。
車でおよそ20分ほど走ったところにあるこのスーパー。
ごくごく普通の庶民的なスーパーだったのですが、
まさかこんな場所で私の常識というものが揺り動かされるとは思いもよりませんでした。


b0008465_14313425.jpg



て、この並べ方

斬新すぎるでしょ!!


b0008465_1434134.jpg



ゆとり教育すぎ~!!

エキサイティングな光景に興奮を隠せないまま、しかしとりあえず無事にドリトスタコス味を
ゲットしたところで、安心したのかふと尿意を覚えました。
若い女の店員さんに「レストルームはありますか?」と英語で聞いたところ、全然通じません。
まさかレストルームが通じないとは…。トイレット!トイレット!と言ってみましたがダメです。
スペイン語で「ペラペラペーラ」と返ってくるばかりです。
こうなったら、ボディランゲージしかありません。
照れつつも中腰になってトイレットペーパーを巻き取るしぐさをします。

全然通じません。

次第にボディランゲージにも熱が入ってきて、より低くしゃがみながら必死に紙を巻き取るしぐさを繰り返します。

全然通じません。

そのとき、ひろさんが気付きました。


「そあらちゃん、それ和式になってるよ!」


演技に集中するあまり、気付けば和式になっていたのです。
ていうか、洋式のボディランゲージは腰に負担がかかってきついです。
その後、なんとか通じて無事トイレに行くことが出来ました。

この話を帰国後友人たちに話したところ、ある一人が
「もれちゃう~」っていうジェスチャーのほう良かったんじゃないですか?
という正解を教えてくれました。
いつかまた英語が通じない国に行くことがあったら、ぜひ参考にしたいと思います。
[PR]
# by soara2004 | 2009-12-03 14:58 | 旅行

メキシコ旅行記 その1

オッス!オラ!悟空!…じゃなくて、オラ!みなさん。
ちなみに、オラはスペイン語でHelloという意味。
スペルは「HOLA」でオラとなります。頭の「H」は発音しないんですね。
いやぁ、うちのブログってば初っ端から勉強になりますなー。

無駄に挨拶が長くなりましたが、11/11から10日間、メキシコに旅行に行ってきました!
アエロメヒコ航空で、成田出発ティファナ(約11時間)<入国審査>→メキシコシティ(約3時間半)<トランスファー6時間>→プエルトバリャルタ到着(約1時間半)という、ほぼ1日がかりの強行フライト日程!
更に、出発前うちの両親妹たちから、「メキシコとても怖いね。空港で変なもの渡されてヤク所持容疑でタイーホ、終身刑アルネ。人さらいいるアルヨ。アナタ可愛いから売られちゃうね」みたいな、
あることないこと(1割の真実と9割の誇張で出来ています)散々脅されていたので、
メキシコに全く心許せずずっと緊張しっぱなしで、フライト中もほとんど眠れず。

到着時なんて、ほぼ生ける屍になってたっつの!!

今回、一緒に行った友達ひろさんの米国人の友達ラルさんの別荘にお世話になるということだったのですが、
プエルトバリャルタに着いたときは、すでに夜中の24時。
迎えに来てくれたラルさんと挨拶もそこそこに、ラルさんの車に乗り込み別荘へと向かいます。
…しかし、長い。車に乗ってる時間が。
すぐ着くのかと思ってたのですが、成田から東京に来てしまうんではないかというくらい長いのです。
結局、45分ほど乗ってラルさんの別荘に到着しました。
真夜中なので全体像はよくわかりませんが、大きそうです。
階段がやたらあって、私の重いトランクをラルさんが一生懸命運んでくれます。
でもラルさんは御年70歳なのです(全然そうは見えませんが)
私が自分で持ちます!と言っても譲りません。
レディーファースト精神に思わず目頭が熱くなります。
まず、私の部屋に案内されました。

b0008465_11203818.jpg

あれ?私、どこかの令嬢だったかしら?

真っ白な可愛いお部屋に全女子の憧れ、天蓋付きのお姫様ベッド!(注:昼間撮影)
そりゃ、思わずキャー☆とかキャピー☆とかノリピー☆とか叫んじゃいますよ。
ちなみに友達ひろさんのお部屋はこんな感じでした。

b0008465_1128214.jpg

こちらも情熱の赤を基調にメヒコ風というかスペイン風な感じで素敵でした。
興奮冷めやらぬまま自分の部屋に戻り、扉を閉めようとすると…あれ?ちゃんと閉まらないよ?
いくら力任せに引っ張っても、そもそも扉の寸法が間違ってるせいで、全然閉まりません。
一応、網戸はあるのですがそれもきっちりしておらず隙間があちこちに。It's very Mexico!
みなさん、南国で扉が閉まらない部屋を想像してみてください。
あそこに見えるの蛾じゃなくて?えーと、1匹、2匹、3匹…、
わー、床に足がいっぱいのゲジゲジみたいなのが何匹かいるけど幻と思いたいな。心の底から。
わー、なにこれ?こんな虫日本で見たことないよ。

…いらない。こんな訪問者いらないから~!!!・゜゜・(。ノω\。)゚・゜゜・
もう蛾とか得体のしれない虫とか、頻繁に出会っちゃうんです。出会い系じゃないのに。
恐ろしくてくつろげないっつの!
部屋に戻ってものの5分で、お姫様じゃなくていいから!もうホント普通の部屋でいいから!って
泣きそうになりました。
いえ、その後とりあえず服をかけようと戸棚を開けてヤモリと遭遇したときにはあたし泣いてました。
[PR]
# by soara2004 | 2009-11-29 11:47 | 旅行

苦痛プレイ

突然ですが、11月にメキシコへ旅行に行くことになりました。
しかし10年以上ぶりとなる海外旅行に、すっかり戸惑う私。
とりえあず英語の勉強しなきゃいかんよねと思い、
どの勉強方法が一番ラクに出来そ、いえいえ、自分の糧になりそうか5分くらい熟考した結果、
今流行りの遼くんお薦めスピイドラアニングがいいかもと結論がでました。

でも、ね。
本当に遼くんの言葉を信じていいの?
あたし、そんなに彼のこと知らないのに…。
ねぇ、どうしたらいいの…。
小鳥さん、教えて?

そんなうっとうしい乙女の世迷い言を心の中で繰り広げながら、
お金も無いしなーと黒い本音がチラチラと脳裏をかすめます。
結局、間を取って、アマゾンで似たようなCDが付いた本を購入してみることにしました。
(何の間かは、それぞれご想像にお任せします)

で、届いたんですが、聴いてみたところスピイドラアニングとは似て非なるものでした。
本家のほうは、英文のあとに、その訳の日本語が流れるというものらしいのですが、
届いたものは、英語の問いに日本語で答えるという会話式だったのです。
それはそれでいいんです。ある意味面白いですから。
しかし会話の内容がなんかもう、きついというか何というか。


だって、2人の男女の痴話ゲンカばっかりなんですよ~!


例えばですね、

「もしもし、今どこにいるの?」
「ごめんなさい。まだ部屋なの。実は寝坊しちゃって」
「また遅刻かい?この前も遅れたじゃないか」
「あなた2週間前のこと言ってるの?しつこい人ね。忘れちゃいなさいよ」
「仕方ないな。君が来るまでどうしよう?」
「とりあえず、一度家に帰ったら?後で電話するわ」
「反省の色無しかよ」
「明日から心を入れ替えるって約束するわ」
「すぐやりなよ」

とか、

「携帯に迷惑メールが届いたの」
「へぇ!君の場合、警察からかもしれないよ」
「あっそう。もしあなたの友達3人にこのメールを転送したら、あなたの願いが叶うって」
「すごいじゃん。僕が代わりに送ってもいい?」
「バカな真似はやめてよ。友達無くすわよ」
「3人の友達を無くすだけの価値があるお願い事をすればいいじゃん」
「友情のほうが大切に決まってるでしょ」
「じゃあさ、あんまり好きじゃない奴に送ろうよ」

とかね。(実際は英語、日本語が入り混じってます)

こんな人間性疑うような共感の出来ない会話が全72分間ずっとですよ…(-"-;)
もうね、耳障りでうるさいっつの。聴きたくないっつの。挫折するっつの。

あと、うすうす気づいてたんですけどね、


メキシコの公用語は、スペイン語なんだよね…


英語じゃないっつの。
[PR]
# by soara2004 | 2009-10-29 15:54 | タワゴト

ここにいるよ feat.青山そあら


♪ベイビーエブリワン わたしーはここーにいるよ

どこもいかずに待ってるよ ユーノーダアイラブユー

だからこそ 心配しなくていいんだよ

どんなに遠くにいても変わらないよ この心

言いたい事わかるでしょ?♪



ほら、横見て。横だってば!

もうしょうがないなぁ。横のサイドバーだってば。

あたし、ここでひっそりつぶやいてるから…。

たまに見に来てやってあげてね。

あともう一言だけ言ってもいいかな?

ほんとブログ更新しなくてメンゴゴメンゴ。
[PR]
# by soara2004 | 2009-10-15 17:38 | タワゴト

見せてもらおうか、連邦のMSの性能とやらを!

ある日、妹から電話がありました。

「ねぇあんた今度の木曜日、ガンダム見に行かない?」

思わず受話器を両手で掴んで、電話口に向かって叫んでました。

「行く行く行く!」

なんでしょうか、このガツガツした感じ。
大人の淑女(シュクージョ)として如何なものか。

だって嬉しかったんです。
妹はアニメなどに全く興味のない真人間。
そんな妹の口から、ガンダムて!
あんなちっちゃかった妹が立派なダメ人間に!

そりゃあ、姉として嬉しい気持ちでいっぱいです。
ガンダム イズ フォーエバー!

そんなわけで行ってきました。
お台場に現れた奴を見に!
ゆりかもめに乗って、お台場で降りて潮風公園へと向かいます。
最初に後ろ姿が見えてきました。

b0008465_152514.jpg

b0008465_15251671.jpg
よく見えないかもしれませんが、目が光って肩と足元からスモークが出ています。
これは1時間おきに5分間だけ行われるショーです。
頭も左右に動いちゃいます。

b0008465_15252962.jpg
b0008465_15253764.jpg
平日だっていうのにこの人出。
もうどんだけみんなガンダム好きなの?w
やはり男性のほうが少し多い感じがします。

b0008465_15254777.jpg
ガンダムタッチアンドゴーという企画も用意されていました。
ガンダムの下を通って触ったり出来るというもの。
キャッ!ガンダムのお股です。ブラックホールみたいで吸い込まれそう☆

ガンダム人気未だ衰えず。
実際に見た1/1スケールガンダムは、思ったよりも大きくないような、
でもこんな感じくらいか、と納得するような不思議な感じでした。
ひとつ残念だったのは、ショーは1時間に1回だけだし
(実は30分ごとに1分くらいのショーがあるけど、かなり微妙)
しかもその時にしかガンダムBGMが流れないんですよ。
他の時間帯は全然関係のないゆるいBGMが流れてるので、
なんでガンダム曲を流さないのか不思議でした。

帰りに物販に寄ろうと思ったら、なんと30分待ちでした。
だからどんだけみんな好きなんだと!w
妹が撮った写メを妹の旦那さんに送ったら、速攻で電話がきて「俺も今からすぐ行く!」と。
会社帰りだというのに、ホントに30分くらいでやってきました。


だからどんだけみんな好きなんだと!w
[PR]
# by soara2004 | 2009-07-18 16:00 | タワゴト

運動系スクール

その名は、ティっプネス。

あれは20代半ばだったでしょうか。
都心にあるティっプネスに友達3人で入ったことがありました。
会費は1ヵ月1万円。
なのに1度も通わずに7ヵ月払い続けた私。バカバカカバ!
いまの言葉で言えば、MOTTAINAI

そんな反省も踏まえまして、無理せず1週間に1、2回のペースで行くことにしています。
やはり身体を動かすと気持ちE-☆です。
言葉は交わしませんが、よく見かける人も出来てきて、
心の中で「あ、あの人またいる」なんて勝手に馴染み意識を持ったりと、
ちょっぴりうっとーCー感じでやっています。

インストラクターのみなさんも男女とも爽やかさんぞろいです。
特に、嵐のニノ似の人良いです!
たまに見掛けると、ラッキー♪と思います。
小学生の頃あった、車で黄色のナンバー見掛けるとラッキーみたいな感覚でしょうか。
ハリウッドヨガの女の先生も好きです。
いつも福々しい笑顔で迎えてくれます。なんとなく仏様を思い出します。

そんな感じでなんとか続けているのですが、なかなか数字的な成果が表れません。
それどころか、先日の測定ではタンパク質が足りないと出てしまいました。
つい昼にラクチンなインスタントラーメンばかり食べていたのがいけなかったのでしょうか。
とりあえず速攻で、プロティンを購入してきました。
次回の測定が楽しみです。


b0008465_1530015.jpg
[PR]
# by soara2004 | 2009-05-30 15:39 | タワゴト

これが私の書の道

それは突然湧きあがってきた想いでした。

書道をやってみたいと。

小学生のころ、習字の時間で墨をするのが好きでした。
かなりマニア的な嗜好です。

なんだか都会での生活にも疲れちゃったな…。
あの頃を思い出して、無心に墨をすってみたい。
ついでに、字も上手くなったらいいな。

そんなちょっぴり黒い本音も交えつつ、近所でスクールを探してみると
ちょうど4月から始まる書道講座を見つけました。
早速、見学を申し込みドキドキしながらドアを開けると
30人は入れるかというけっこうな広さの教室に、
先生と定年は近いだろうと思われるおじさんが1人ぽつんと座って書をかいていました。
瞬間、後悔にも似た動揺がはしり、
反射的に間違えたふりでドアを閉めそうになりました。
しかしそれを大人の理性で抑え込み、
むしろ笑顔であいさつした私を誉めてあげたいと思います。

無駄に空いている席が多いため、先生の目の前に座らされる私。
こんなアリーナ席、落ち着きません。
自己紹介や少し世間話などをした後に、
先生から書道でどんなことをしたいのか問われました。

「あ、ちょっと墨がすってみたくて…」

「え?墨?…墨がすりたいんだ。うーん、でもそれは時間がかかるし、
 せっかくの授業時間がもったいないから家での練習のときにすってくれるかな」


30分も経たないうちに私のドリームは潰えました。
テンションの下がった私に、おじさんは「みんな仲良くてアットホームな良い教室だよ。
やってみたらどう?」と眩しい笑顔で勧誘します。
まあ、先生も優しそうだし、おじさんも良い人そうだし、
今日は来てないけど本当は女子も2名いるみたいだし、入会することに決めました。

その後、2回目の教室に行ったのですがやはりドアを開けるとデジャヴのように
先生とおじさんの2人だけでした。
女子2人は辞めてしまったのです。
次回、私の歓迎会を開いてくれるそうです。出席者は私を入れて3人です。
とってもアットホームです。

b0008465_10344040.jpg
[PR]
# by soara2004 | 2009-05-16 10:41 | タワゴト

なんかすごいから

いらっしゃいませ。
突然で何ですけど、とりあえず下の文章を読んでください。


『こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の けゅきんう の けっか
にんんげ は もじ を にしんき する とき その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という けゅきんう に もづいとて
わざと もじの じんばゅん を いかれえて あまりす。
どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?
ちんゃと よためら はのんう よしろく』


わかりましたか?この文章のすごさ。
え?何がすごいかわからないって?
そんな私のように頭の固い方にヒントです。

単語ひとつひとつをじっくり見てください。

ね、面白いでしょ!


さて。

みなさんは、エゴグラムってご存じでしょうか?
先日、暇に任せてとあるセミナーに参加してみたのですが、
そこでこのエゴグラムというのをやってみました。
なかなか興味深かったです。

ちなみに私はbababタイプ
比較的バランスが取れてるみたいですが、
「結婚後の貴方は、地味な方へ、地味な方へ、と心掛けて行動すれば、
丁度バランスが旨く取れるはずです」だって。
地味地味て!ひきこもりになるっつの><

みなさんもやってみて、ぜひ結果を教えてくださいな~^^
     ↓
エゴグラム診断やってみる!
[PR]
# by soara2004 | 2009-05-13 12:13 | タワゴト

うしく散歩に出掛けましょう~!

b0008465_12431198.jpg


先日、牛久に住む友達に会いに行ってきました。
ひとしきり再会を喜んだあと、駅近にある牛久ワイナリー
たぶん本当の名はシャトー・カミヤに向かいます。

b0008465_13513420.jpg

なるほど、城っぽいです。
普段は観光バスが乗り付けるほどらしいのですが、
平日ということで快適な歩き心地です。
でも何よりもまずランチでしょ!という本能に従って、
地ビールの飲み比べが出来るというレストランに入ってみました。

ワイナリーなのに地ビール。
私にもよくわかりませんが、きっと理屈じゃないんですよね。
例えて言うなら、登山家はそこに山があるから登るように、
地ビールがあるから出す。そして飲み比べがあるから飲む、みたいな感じでしょうか。

こんなん出てきましたー!

b0008465_1443183.jpg

左から「へレス」「ピルスナー」「デュンケル」「ブラウマイスター」です。
地ビールというと癖があって好みが分かれると思うのですが、
ここの地ビールはとっても飲みやすいです。
黒いデュンケル以外はすごくフルーティー!はっきり言って、めちゃめちゃ美味い!
デュンケルも苦みが効いてけっこう美味しいです。
昼間からかなり良い気分になってしまいました。
その後は、シャトーの見学です。

b0008465_14115126.jpg
古くて大きな樽がたくさん並んでいます。
他にも古い葡萄酒の瓶など展示されていました。

ひとしきり見た後は、友達の家でフリートークに花を咲かせながら、
友達の教えのもと、アロマオイルでルームスプレーを作ってみることになりました。
無水エタノールに自分の好きな匂いのアロマを1滴ずつ加えていきます。
私はローズウッド、バジル、ゼラニウムエジプト、イランイラン、
ダマスクローズを入れてみました。
最後に精製水を加えて(一気に白く濁って面白い!)、
よく振って混ぜ合わせて出来上がり~!

b0008465_12595669.jpg
シュシュとしてみると、ほんのり良い匂いが漂っていい感じです。
なんだか平凡な私の部屋が雑誌に出てくる、おされなお部屋になったみたい☆(※1)
(※1 ただの錯覚でした)

そんな感じで、大変充実した一日となりました。
更にはワイナリーで買ったワインをお土産にいただいてしまって、
家でもとても美味しく堪能させていただきました。感謝です(^人^)

b0008465_13142185.jpg
このグラスのワインの少なさ。
さてはワイン飲んでから慌てて撮ったな、私!
[PR]
# by soara2004 | 2009-05-07 13:20 | 旅行

センチメンタル完徹

完徹した朝は、いつも少しセンチメンタル。

軽い疲労から少し回転の鈍くなった頭で考える。

昨晩の終電を越えるころ、私はなんて言ってたっけ。


「マジで!?完徹しちゃう?ちょー久し振りだよー!(だよーだよーだよー)」←リフレイン


あの無駄な元気はどこへ行ったのだろう。


友達と駅で別れ、気だるい動作で電車の座席に座りながら、

こんなときふと思い出す言葉がある。

小2の時の通知表に先生が書いた私についてのコメント、

少しお調子者なところがあります」というフレーズを。


あれから、もうすっかり大人になった私。

完徹はやっぱり身体にキツイみたい。

もうそろそろ卒業かな。

ううん、泣いてなんかない。

卒業式で泣かないと冷たい人と言われそうだけどいいの。

だって、朝日が目にしみただけだから。
[PR]
# by soara2004 | 2009-05-03 18:29 | タワゴト